FC2ブログ

風俗店のお部屋 その2

こんばんは。
山岡です。

前回の記事では「女性がお仕事をするお部屋はどのように決まるのか」、
ということについて書かせていただきました。
「出勤順」に女性が好きなお部屋を決められるケースについてのお話でした。

今回は、あらかじめお店側が女性の入る部屋を決めるケースについてのお話です。

前日までに女性が入る部屋を決める場合、まずは翌日の出勤ラインナップを眺めます。
そして、早番のAちゃんは〇番ルームがお気に入り...BちゃんとCちゃんは仲が良くないから隣同士はやめておくか...などと部屋を決めていきます。細かい話をすると長くなってしまうので割愛しますが、色々と考慮しなくてはならないことがあるのです。

そして出勤当日、

私:「〇〇ちゃん、おはようございます!本日は〇番のお部屋でお願い致します。」
女性:「おはようございます♪〇番ですね。分かりました。」

まあたいていはすんなり決まるのですが、
まれに、

私:「〇〇ちゃん、おはようございます!本日は〇番のお部屋でお願い致します。」
女性:「おはようございます。〇番ですか..。すみません。他の部屋は空いてませんか?」
私:「嫌な理由は何でしょうか?」
女性:「あの部屋にいると、気分が悪くなるんです...。」
私:「分かりました。それではお部屋を替えましょう。〇番の部屋でお願いします。」
女性:「ありがとうございます。助かります。」

いわゆる「霊感」の強い女性に嫌われる部屋が、たいていのお店にあるようです。
その部屋にいると、どうも誰かに見られている気がする、寒気がする、女性の声が聞こえる...等々。

ちなみに私は「オカルト大好き少年」でした。
「つのだじろう」先生の大ファンで、『恐怖新聞』や『うしろの百太郎』は当時の私のバイブル。

ところが大人になってからはその反動で「幽霊は絶対にいない」と思っているので、
酒の席などでその手の話になり、
「幽霊は絶対にいる」などと発言する人を見つけると黙っていられません。絡みます(笑)

話を戻しますと、
奇妙なことに「霊感」の強い女性に嫌われる部屋というのは、だいたい一致します。

お店側としては、そういう女性には口止めをします。
「〇番のお部屋には霊がいる」みたいな話は他の女性にはしないで下さいね、と。

そうしないと、その霊感の強い女性が「〇番のお部屋には霊がいる」と他の女性に言いふらす場合があるのです。
その結果、さほど霊感が強くない女性でもその部屋に入ることを嫌がるようになり、
出勤時にその部屋に入るように伝えると、女性によっては「お店からの嫌がらせ」と受けとる場合もあるのです。

またそういう部屋に入ってしまって実際に怖い体験をし、そのまま辞めたという女性も過去に2~3人いました。

とにかくその手の話はお店にとっては何のプラスにもなりません。
お客様だってお店の中にそんな部屋があるというのは、あまり良い気はしないでしょう。

ちなみに我々男子従業員は「店泊(てんぱく)」といってお店に泊まることがあります。
寝るのは店内の各部屋で、私もそういう噂のある部屋で寝たこともあります。
もちろん何もありませんでしたし、恐怖体験をしたという他の従業員の話も聞いたことがありません。

やはり霊はいないのだと思います。

参考までに「しのび」には、そういった「出ると噂の部屋」はありませんのでご安心下さい。

また噂レベルではありますが、全国のお店の中には強烈な「曰く付きのお部屋」を抱えているところもあるようです。
くれぐれもご注意下さい。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shinobi38

Author:shinobi38
店長の山岡です。

内容にはかなりのバラつきがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

店舗URL:
http://www.yokohamasinobi.com/

女性求人URL:
https://www.girlsheaven-job.net/5/yokohamasinobi/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR