FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗店従業員としての思い出  ~その2~

こんにちは。
山岡です。

前回の続きです。

男子求人募集の番号を携帯電話に入力し、電話をします。

求人担当者:「はい。○○求人担当です。」

ものすごく不機嫌そうな声です。
しかし私は、対応はあまり良くないだろうと予想していたので動揺することはありませんでした。

私:「お忙しいところ恐れ入ります。私○○と申しますが、面接をお願いしたいと思いお電話いたしました。現在、男子従業員は募集しておりますでしょうか。」

事前に面接マニュアルを参考にし、文章はある程度考えておりました。

求人担当者:「はい。募集しておりますよ。年齢と現在の職業は?」
私:「はい。年齢は32歳。現在無職です。」

この「無職」というのがいけなかったようです。
確かに次の就職先が決まっていないのに会社を辞めたというのはあまり褒められたものではありませんが...。

求人担当者:「無職!? あなた今働いてないの?」
私:「はい。半年ほど前に前の会社を退職しました。」
求人担当者:「半年も働いてないの?ダメだなあ~。」
私:「はい。申し訳ございません。」
求人担当者:「ダメだよ。ちゃんと働かないと。で、前の会社ではどんな仕事をしてたの?」
私:「以前の会社では~といった業務を担当しておりました。」
求人担当者:「なんで辞めたの?それにしても無職ってのはダメだな~。あなたね...」

と言いながら、なぜ無職がダメなのかから始まり延々と20分ほど説教されました。
私も時折「レーシック手術を受けた」「歯を徹底的に治療した」「母の体調が悪く、様子を見に行っていた」等の言い訳をしましたが、なんの効果もありませんでした。

私の当時の視力は裸眼で両目とも0.1以下。ハードコンタクトレンズを常用していましたが、コンタクトレンズはとにかく不便な点が多く、かなりのストレスになっていました。そこで無職になったらまずはレーシック手術を受けようと計画していたのです。

「無職になったら」というのは、レーシック手術について調べてみると、手術後は、翌日、三日後、一週間後、一か月後、三か月後、半年後...一年後と検査を受けなくてはいけないということだったので、検査の間隔を考慮すると、働きながらキッチリと検査を受けるのはほぼ無理だと判断したからです。

「歯の治療」については、5~6本あった銀歯を全てオールセラミックの白い歯に替えていき、その際に虫歯なども発見され、全ての治療等が完了するまでに半年以上かかったのです。無職という状況で、スムーズに歯医者の予約が入れられたのにもかかわらずそれほどの期間を要したので、働きながらだと1~2年かかったかもしれませんね。

「母の体調~」については、前の会社では連休や有休は一切取れなかった関係で、地元を離れてから10年以上帰省していませんでした。そこでこの機会にということでゆっくりと帰省してきたのです。母はある病気で入退院を繰り返しているような状態でした。母の面倒は主に私の妹がみていました。ちなみに私の両親は私が6歳の頃に離婚しております。離婚後は母親に育てられました。離婚後、父には会っておりません。

さて、ようやく私への説教が終わりました。

求人担当者:「最後に何か質問はありますか?」
私:「いえ。特にありません。」
求人担当者:「質問が無い!?」

この「特にありません。」というのがいけなかったようです。

求人担当者:「あなたね~、質問が無いってのはおかしいでしょ!本当に働く気あるの!?」

そこでまた説教が始まります。


続く
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

風俗店従業員としての思い出  ~その1~

こんにちは。
山岡です。

私も気付けばこの業界に入り10年が経ちました。
早いものです。

振り返ってみると、精神的にキツイ日の方が多かったように思います。
休日も含め、心の休まる日はほとんどありませんでした。

ということで、
私が風俗店従業員として働き始める前後からの出来事や思い出、感じた事なんかを書いていこうと思います。
ただ、私が所属していたグループの内部情報を暴露する意図は全くありませんので事実関係は多少ぼかします。従いまして、話半分くらいに読んでいただければ幸いです。

さて、風俗店従業員として働く直前まで、私は無職生活をしていました。年齢は当時32歳です。
会社員時代に貯めた400万円ほどの貯金を生活費に充てていました。

そして貯金が100万円をきったところで、仕事を探します。
当時の私は色々あって少し人生に疲れておりましたが、ストレスの無い無職生活を数か月送ることによって、ようやく生きる力が少しずつ戻ってきたような状態でした。

そんな時に、学生時代の友人(男)から久しぶりの電話がかかってきて、ご飯でも食べようかという話になりました。
そしてご飯を食べながらその友人と話をし、その友人が風俗にどっぷりとハマっていることを知りました。

曰く、月に10万円は使っている、ほとんどの性病にかかった、ヘルスでも本番はできる、風俗店勤務の女性とデートした、彼女にした....などなど。

ちなみに私は当時風俗店にいったことは一度もなく、興味もありませんでした。

そしてその友人と別れ自宅に戻り、ふと「風俗店従業員をやってみようかな」と思ったのです。
どうせなら全く興味の無かった業界で働く方がおもしろそうだと。

早速インターネットで風俗店従業員の募集要項をチェックします。
「未経験でも採用可、年齢は35歳まで、基本給30万円スタート」
当時はどこの風俗店もこんな条件だったのではないかと思います。

さてどこのグループが良いかな...
とりあえず展開店舗数が多いところにしようと思い、全国展開していた2つのグループに絞ります。

面接希望の電話をする前に、その友人に風俗店の従業員について聞いてみました。
「どんな人が多いのか」と。

その友人曰く「軽いノリのチャラい兄ちゃんが多い、その筋っぽい人が出入りするのも見たことがある、多分幹部の人だろう。山岡(私のこと)みたいな真面目そうな人はほとんどいないよ。やめておいた方がいいんじゃない?」とのことでした。

その友人の意見を聞き、「私が風俗店従業員としてあまりいないようなタイプなら、逆に重宝されるのではないか?」と思い、
風俗店従業員として働くことを決意しました。

そして先ほど絞った2つのグループに順番に面接希望の電話をすることにしました。
友人の話から、電話の対応もあまり良くないだろうと心の準備をし、
電話をします。

結論から言うと、想像以上の電話対応で大変驚きました。


続く
プロフィール

shinobi38

Author:shinobi38
店長の山岡です。

内容にはかなりのバラつきがあるかもしれませんが、よろしくお願い致します。

店舗URL:
http://www.yokohamasinobi.com/

女性求人URL:
https://www.girlsheaven-job.net/5/yokohamasinobi/

店舗公式Twitter
https://twitter.com/yokohamashinobi

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。